余言
裏読み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(-.-;)(?_?)あり得ない仮定

20070520152439
今日の読売紙面に、神戸大のシンポジウム「激動する世界と日本」の記録記事がある。

中で、今安倍政権がバーチャルリアリティの恐怖を煽る、北朝鮮のミサイルが、日本上空からアメリカ・・の図が示されている。
確かに可能性として、グァムハワイへを仮定すれば、日本上空の通過は言える。

しかしこれは、ゲームの一パターン以上の者では無い。

 集団的自衛権の見直し論議は、米朝、米イラン対話以前なら、多少の説得力を持ったかも知れない。しかし、今米朝の武力対決などどんな場合でもあり得ないし、それ以前でも可能性は、金正日が自滅を覚悟したときだけ、それは周知の事だ。

 台中の衝突も、同じくゲームのバーチャルリアリティでは想像出来ても、現実は斬新的な経済を先行させる接近で、妄想でしかない。

 日本周辺で、日米が利害を共にする、武力衝突などんな仮定を置いても、経済、政治まで含めて現実を捉えれば無い。

読売の楽しい間抜けな図を考えて見よう。
液体燃料の、その準備が常に監視されている、弾道ミサイルが果たして兵器であるだろうか?捏造の証拠でイラクに侵略さえしたアメリカに向けての。
図の経路を示す矢印は、米本土、グァムハワイの三本。
金正日の自滅攻撃を仮定しても、あるのは米本土のみ。
どう考えても、日本に係わるものでは無いし、あり得もしない。

更に恐怖症(笑)が、期待する日本へのミサイル攻撃。
確かに「東京を火の海・・」とジョークは飛ばす。

しかし、それにどんな意味が?その後に何を得るのが目的か?ここをキチンと分析すれば、弱い犬の遠吠え、啖呵以上の何ものでも無いのが分かる。
 
 今空想的現実論者は、盛んに日本への武力攻撃の不安を煽る。
だが、食料自給さえ止め、市場と資源の循環が滞りなく無く続くのが存立の条件である日本に直接の攻撃をする意味など無いのだ。
 産業基盤を破壊した後に中国の一つの省に?してどうするというのか?お笑いネタにさえならない。これを自民党の馬鹿共は真面目に言うのだ。

 軍事にだけ係わる人々が、古典的な戦争観でそうした空想に耽るのは理解は出来なくは無い。
 しかし現実にあるのは、全国に程よく配置した原発、産業配置で、武力攻撃はあり得ないものとする経済社会、日本なのだ。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。