余言
裏読み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相は謝罪したか?

安倍総理はニューズウィーク誌のインタビューの中で、従軍慰安婦問題について、軍が直接関与した証拠はないという自らの発言について、
「河野官房長官談話の時の政府の調査についてであり、今までの政府の見解を述べたモノである」

「慰安婦の方々に人間として心から同情する。日本の首相として大変申し訳ないと思っている」と改めて謝罪した。

「我々は歴史に常に謙虚でなければならない。彼女たちが慰安婦として存在しなければならなかった状況に我々は責任がある」

「20世紀は人権が世界各地で侵害された世紀で、日本にもその責任があり、例外ではない」と述べ、慰安婦問題を人権問題と位置づけ、日本の責任を明確に認めた。

「憲法は占領下で制定されたもので、21世紀にふさわしい自
分たちの国の形を物語る憲法をわれわれ自身の手で書くことが
大事だ」

                 =会見の発言より=


アメリカ訪問前に、自身の誤った一連の言動で悪化した対日感情を、形ばかりの「謝罪」会見で取り繕おうとしたが。
では何故、会見の最後に延べたらしい、占領下の・・・、と意義を否定する、民主化をもたらしたアメリカの「外圧」に屈して、こうした発言をしたのか?

 。
ここには彼等なりの、稚拙な計算があるだろう。
問題を作り出した、悪化させたのは彼自身だ。中韓国交回復とでも言える訪問後に、敢えて国会でその意義を否定する発言を繰り返した。
安倍首相のその暴言は、主に国会の場でされた、謝罪し認識の誤りを認めるなら、そこでまずすべきだ。
 アメリカ議会で、日本政府に対する謝罪表明要求決議が審議中とは言え、謝すならば、まず当事者の女性達に直接に!そして中国、韓国、フィリピン、インドネシア、他の大戦中の占領地の国々、イギリス、オランダなどの政府に先であるべきだろう。
 そして、曖昧に主体をぼかして取り繕うのでは無く、事実を具体的に上げて、謝罪して当然だ。
 「・・・証拠」のあるなしについてのいい訳など、全く自分自身が誤った事実をのべた反省のかけらもない。

 実はお馴染みの手法なのだが、国内の右翼に媚びる発言を敢えてし「男を売り」、心ならずも外圧に屈して!!不本意な発言で国益??を守った。
 会見は、見飽きた下手な芝居の繰り返しでしかない。

 でないなら、従軍慰安婦と言うより、日本軍の性奴隷とされた人々に、アジア女性基金がした、返って被害者を侮辱さえした見舞金ではない、はっきりした政府自身としての謝罪の意志表明と、損害賠償をしなくてはならない。

 60年以上、二世代以上経過し、未だこうした問題を日本が突きつけられるのは、国を亡ぼした日本軍を美化し、過去の誤りを見つめない事が誇りと言い張ってきた、保守、右翼を自認する連中の責任、それ以外に無い。
 安倍政権はそうした輩が取り仕切っている
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。