FC2ブログ
余言
裏読み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogイラクからのメール(日本語版)

読んで、良い記事と思ったので、書いたフリージャーナリスト 志葉 玲さん のブログ
http://reishiva.exblog.jp/から、

  
4月23日発売の週刊誌「アエラ」に、先月23日から今月18日まで来日していたイラク人青年カーシム・トゥルキの記事が掲載されています。タイトルは、
“―「作られた内戦」の惨劇を超えて―
憎悪の連鎖止める非暴力の「抵抗」”

  カーシムさんのブログアドレス   更新は現在この日付まで
   http://iraqmailj.exblog.jp/

平和を愛する米国市民の皆様へ   2006.6.30

 イラクの友人より

私は、ブッシュ政権がイラクの人々を助けたがっていると信じることが
できません。彼らがしたことはイラク人を殺し、家と街を破壊すること
でした。ブッシュ大統領が「どうしたらあなたを助けることができ
ますか?」と尋ねたなら、私は「私の国と私の人生から犯罪者の軍を
ひきはらってください」と答えるでしょう。

彼らはなぜ、私の同胞と私の友人を殺すのですか?
米軍はなぜ、私の街を破壊するのですか?
彼らはなぜ、子どもを怖がらせるのですか?
彼らはなぜ、私たちの土地で争うのに10億ドルも費やしているのですか?
なぜ毎朝、私の家の前に米国戦車がいるのですか?

私は、ブッシュ大統領にこれらの質問に答えてもらいたい。彼が答える
ことができないなら、どうか、米国市民の皆さんが答えてください。
私は、米軍の兵士たちがそれ以上罪を犯さないよう、そしてイラク人の
血を流すことなく、家族の元に帰還することをお願いしたいのです。

もちろんイラクには助けが必要です。しかし私は、軍隊、銃、および
戦車が助けにならないのを知っています。軍隊は私たちの街で戦い、
子どもたちの笑顔を消し、子どもたちを怖がらせ、そして殺しているのです。
15万人のイラク人がこの2年間に殺されたと想像してください。それは、
15万家族が悲しみに沈み、米軍に対して怒りを抱くことを意味します。

イラク人の家族は10人が標準であり、ほとんどが子どもと若者です。
あなたは、150万人以上のイラク人が米軍に怒り、さらに数百万の人々が
家、車、仕事、および希望を失い、そして45000人以上の人がアブグレイブ
刑務所のような刑務所に入っている家族を待ち続けていて、今なお
それら刑務所にいる人々が米国兵士によって虐待されていることを
想像できますか。そう、米軍に怒りを抱く何百万人ものイラク人がいて、
そして、彼らは助けを必要としているのです。

イラクにとって最も良い助けは、米軍をイラクから出すことです。
私には、アメリカ人の友人がいますが、彼らは銃を持ってきません。
時々、私は我が家の前に立つ米兵と友人になれるだろうかと考えます。
しかし、私は、彼らの持つ銃が多くのイラク人を殺したのを覚えています。
彼らが武器を捨てない限り、友人になることは不可能です。

2005年5月6日、ラマディ(イラクの都市)の人々は2日間の間、働くことと
買い物を止めて家にとどまることを決めました。2005年5月7日と8日、
ラマディの米軍の行動と制裁に対する平和的な不服従が行われました。
米軍は「我々は気にしていない」と言い、やかましいスピーカーで
イラク人に家から出るよう警告しながらラマディ通りを入ってきました。
さらに、彼らはアンバール大学に入って(学生は全く中にいませんでした)、
いつものように、いくつかのドアと機器を破壊しました。

追伸 朗報があります。
私はいまや自分でコンピュータを修理できるようになりました。そう、
これで4回目です。米兵は私の家に来ると、たびたびPCを壊します。

平和についてのあなたの支援に感謝します…

(2005/5/8 再掲載)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。